発達が心配なとき

うちの子ってだいじょうぶ?

親なら誰もが感じてしまう不安。
はじめての子育てはうまくできているか不安だし、どうしてもよその子と比べてさらに不安になってしまうという方は多いと思います。 

保護者のしつけのせいばかりでなく、お子さんの特性によって、かかわりにくい場合もあります。
上の子は、これでよかったけど、どうしてこの子は。なんてこともありますよね。
お子さんへのかかわり方のポイントを知るだけで、うんとお子さんに寄り添えるようになることもあります。

発達についての相談

就学前のお子さんや学校に通学する児童生徒の発達・障害に関わるご相談がありましたら、ご遠慮なくご相談ください。

  • 「ネウボラみつけ」(児童発達支援相談室)[見附市公式サイト]
    お子さんの発達や成長で心配なことはありませんか。
    子育てや発達に関する相談、子どもの発達、成長を促す支援を行います。電話番号:0258-63-2860                         
  • こども課元気子育て係 電話番号:0258-62-1700
  • 子育て支援センター学校町 電話番号:0258-62-7803 / 新町 電話番号:0258-62-7551 / 今町 電話番号:0258-61-5010
  • 「みとくサポーター」(特別支援学校地域支援部) 電話番号:0258-63-2210 FAX:0258-63-5026
  • 「わたぼうし」(教育相談窓口)[見附市公式サイト]
    お子さんの発達・障がいについて、遠慮なくご相談ください。
    ※通っている保育園・幼稚小学校を通しても相談できます。
  • かがやきファイル[見附市公式サイト]
    お子さんの成長の様子や医療・療育の記録を記入するファイルです。
    それぞれお子さんの成長・発達にあったサポートをおこない、環境が変わっても連携した支援を続けられるように、見附市で作成しました。
  • 親の会のご紹介
    子育ての悩みを相談したり、役立つ情報を交換したりしています。専門機関とは違う安心感を得られているようです。
  • 育成医療(自立支援医療)[新潟県公式サイト:自立支援医療(育成医療)給付制度のご案内]
    指定医療機関で治療した医療費の自己負担額が1割になる国の制度です。子ども医療費などと合わせて利用できます。
  • 小児慢性特定疾患治療[新潟県公式サイト:小児慢性特定疾患の治療費の助成について]
    指定医療機関で治療した医療費の一部または全部を助成します。対象になるかどうかは医師にご確認ください。
  • 精神通院医療(自立支援医療)[見附市公式サイト]
    精神に関する病気の通院医療費の自己負担が1割になる国の制度です。かかりつけの医療機関にご相談ください。
  • 見附市精神障害者医療費助成[見附市公式サイト]
    国の制度と合わせて申請できます。入院・通院ともに保険内医療費の自己負担額(付加給付・高額療養費等の控除後の額)の3割を助成します。
  • 重度心身障害者医療費制度[見附市公式サイト]
    お子さんが身体障害者手帳(1級から3級)又は療育手帳(A)の交付を受けた場合、保険内医療費の自己負担額から一部負担金を除いた額を助成します。(所得制限があります。)
  • 特別児童扶養手当[見附市公式サイト]
    在宅で一定の障害のある児童(20歳未満)を養育している方に支給されます。(所得制限があります。)
  • 障害児福祉手当[見附市公式サイト]
    在宅で日常的に介護が必要な障害のある児童(20歳未満)に対して支給されます。(所得制限があります。)
このページのトップへ戻る