予防接種・健康診断

水痘(水ぼうそう)

接種対象年齢 1歳~3歳のお誕生日の前日
接種回数 2回
接種間隔 1回目の接種後、3カ月以上の間隔をおき2回目の接種を1回行う
ワクチンの種類 生ワクチン


【病気について】
水痘は、俗にみずぼうそうとも呼ばれます。水痘・帯状疱疹ウイルスの直接接触、飛沫感染あるいは空気感染によって感染します。潜伏期は通常13~17日です。特徴的な発疹が主症状で痒みを伴います。発疹は最初は斑点状丘疹、その後3~4日は水疱で、最後は顆粒状のかさぶたを残し、間もなくかさぶたが脱落して治癒します。発疹は身体の被覆部分に多い傾向がありますが、頭髪部にも現れます。軽度の発熱を伴うこともあります。一般に軽症疾患ですが、免疫不全状態の患者さんでは重症となり、脳炎を合併することもあります。


【ワクチンの副反応】
健康小児、成人では副反応はほとんど認められませんが、時に発疹が見られ、まれに局所の発赤、腫れ、しこりが見られます。通常は一時的なもので数日で消失します。
重い副反応として、非常にまれですが、アナフィラキシー様症状や血小板減少性紫斑病等の副反応が報告されています。気になる症状が発生した場合には、接種した医師にご相談ください。

対象年齢

1歳 、 2歳

このページのトップへ戻る